2017年8月17日木曜日

絵師KIMINO

 
 


今週はずっと雨という予報なので、新作の本摺りに向け、
今日は試し摺りをした。
 
浮世絵は絵師と彫り師と摺り師と版元という四者の共同作業で成り立っていた。
 
つまり、歌麿や北斎というのは絵師であって、
決して、自分では彫ったり、摺ったりはしていなかったのである。
 
版元というのは今でいえば、画商や出版社という位置づけで、
作品を世の中に送りだし、売ってくれる人である。
 
しかし、現在、版画家に画商がついて、売ってもらえる人は
ほんの一握り。
多くの版画家はほとんど作品が売れることもなく、
時に友人が買ってくれるとなると申し訳ない気持ちになるほどである。
 
話はそれたが、
今日の試し摺りは言ってみれば、「絵師」にあたる要素が大きい。
 
もちろん原画を描いたのは自分であるから、
原画作成というのが絵師の仕事なのだが、
その後、トレッシングペーパーに原画を描き写し、版木に転写し、
黙々と、延々と彫りの作業を進めた後で、
もっともアーティスティックなパートが試し摺りになる。
 
実は原画を興した段階では、最終の色合いまでは全く決まっていない。
 
大体の色みや作品のイメージみたいなものは決めてスタートするが、
細かい色をどんな風にするか、1色1色調合し、
ああでもないこうでもないと悩むのがこの段階なので、
自分ではこここそが「絵師」のパートだと思っている。
 
実際、今日も途中まではいい感じだと思っていたのに、
後半、迷子になってしまい、
思い通りにのせた色が、思い描いたイメージを創り出してはくれなかった。
 
そこで、2枚目の試し摺りを取り、
修正していくのだが、もはや、朝から作業を始めて7~8時間ぐらい経っており、
頭が疲れて働かない。
 
とはいえ、日曜日には本摺りにまでこぎつけたいので、
彫り調整といって、版が重なり過ぎた部分などをぎりぎりの重ねになるよう、
彫りの修正もかなり必要だ。
 
夕方になると、目はしょぼしょぼしてくるし、肩もパンパンだし、
ずっと長時間正座していたせいで、ふくらはぎの血流が滞っているのがわかる。
 
そんな自覚症状がでるまでやらないよう注意する、
整体の先生の困った顔が目に浮かぶが、
頭の中は明日の予定、あさっての予定などが渦巻き、
やっぱり今やらなくてはと焦る自分に押し切られてしまう。
 
何とか、最終のイメージが掴めるところまできて、筆と刀を置き、
夕飯の仕度のため重い腰を上げた。
 
本気で重い腰になっていて、
一瞬、立ち上がりざまによろけた。
 
このまま、ここで倒れてはシャレにならない。
絵師KIMINOは何としても摺り師KIMINOにバトンを渡さねば・・・。
 
バトンといえば、日本のお家芸になりつつある、4×100メートルのリレー、
今回初めて見た第1走の多田修平君は可愛い。
何と言っても笑顔がいい。
素直な性格が顔に表れている。
 
ケンブリッジ飛鳥が故障で最終滑走が藤光謙司君になったのは残念だけど、
こちらもイケメンだったなぁ。
 
それにしても、ボルトのあの劇的な幕切れ。
まるで映画の1シーンのような衝撃的な最後の姿。
 
力を出し切った男がそこにいた。
 
私も力を出し切らねば・・・。
 
なんて、ひとり妄想し、独り言をつぶやきながら、
アトリエでは熱き戦いが繰り広げられていたのである。


2017年8月15日火曜日

彫り師KIMINO

 
 
 
朝から雨がしとしとしとしと、これでもかという感じに降っている。
東京や横浜は連続15日間、雨降りだそうだ。
 
真夏はどこいった。
猛暑はもう来ないのか。
猛暑になったらなったで文句を言うくせに、ならないならないで少し寂しい。
 
そんな湿度90%の毎日、
私は来る日も来る日も時間があれば彫り台の前に座って、
木版の版木を彫っている。
 
特に昨日と今日は一日中彫っていたので、
口を開いたのは、
ご飯が出来たときに「パパ~、ご飯出来ました~」と階下から叫んだだけ。
 
叫んでも、直ぐに降りてくるわけではないので、
先に食べ始めてしまうから、
目の前にダンナが座った時にはあらかた食べ終わっていて、
会話もなく、業務連絡だけ。
 
自分の気持ちは彫りを進めることに向かっているので、
ご飯が終われば、そそくさとアトリエに籠もってしまう。
 
本当ならば、こんなに雨が降っていて湿気った日は摺り日和なのだが、
残念ながら、彫りが間に合っていないので、摺りたくても摺れないのだ。
 
日曜日まではこんなぐずぐずしたお天気が続くと予報が出ているので、
そこまでに摺りにたどりつければと考え、
今は口も効かずに彫り師KIMINOに徹しているというわけだ。
 
それもこれも版17のクロアチア展に出品する新作を創りたいがため。
 
9月7~9日に取りまとめ役のO氏の元に届くよう、頑張っている。
 
世の中はお盆休みの真っ最中。
高速道路はところによっては40キロもの大渋滞。
孫を迎えた郷里のじじばばは
「おぼんだま」とかいう「お年玉」のお盆バージョンを孫に手渡し、
孫の関心をお金でつなぎ止めようということらしい。
 
単にポチ袋会社の陰謀だと私は思うが、
数年したら孫にいそいそ「おぼんだま」を手渡す自分がいるかもしれないので、
今ここで、多くは語るまい。
 
明日は長女の病院行きのため、その間、長女宅で孫をみる約束だ。
 
彫り師は一時休止で、世話焼きばぁばの出番らしい。
 
生後2ヶ月半の柔肌を指すって、赤ちゃんの匂いをクンクンして、
彫りに疲れた体を癒そうと思う。

2017年8月13日日曜日

中島けいきょう詩集 出版記念会

 
 
 
版17というグループのひとり中島けいきょう氏が、
齢80にして、初めての詩集を出版した。
 
けいきょうさんとは版画家集団の会の知り合いなので、
現代美術家という側面しか知らなかったのだが、
この度、詩集を編み、出版したということだ。
 
横浜駅のほど近くプラザホテルのパーティルームでお祝いの会をすると
招待状が届いたとき、7000円という会費にも少し躊躇したし、
さほど親しいわけでもないと迷いもしたが、
これも娑婆のおつきあいと割り切って、出掛けることにした。
 
中島けいきょう氏は中島清之という横浜美術館で大回顧展が開かれるような
日本画家を父に持ち、
直ぐ下の弟に美術評論家、更に下の弟が有名な日本画家の中島千波という、
芸術一家に生まれた。
 
高名でしかも金持ちの弟を持って、
全然、お金とは縁遠い現代美術家を生業としていたのでは、
やりにくい面も多々あっただろう。
 
しかし、会場にはそっくりな顔立ちの弟達もやってきて、
80歳で初めて詩人としてデビューを果たした兄貴にお祝いの言葉をかけていた。
 
私も版17のメンバーや顔見知りの評論家、
8月下旬に「文学と版画」展でお世話になるギャラリーオーナーなどと歓談し、
お祝いの会の末席に連なっていた。
 
詩集は『嗚呼、無蒸し虫』という表題だ。
 
その『嗚呼、無蒸し虫』という詩も中にある。
 
虫虫
蒸し蒸し
虫下し
 
虫籠
蒸し風呂
虫眼鏡
 
蝕む
毟る
             蒸し封じ ・・・と続いていく。
 
まだ、よく読んでいないのだが、
いつものけいきょう節というか、
だじゃれ好きのおじいさんは実は哲学的なことを常に考えてもいて、
理屈っぽくて、ものごとに批判的で、でも、言葉をよく知っているので、
ときどき感心するような言い回しをして、ドキッとさせる。
 
たぶん、そんな調子の詩集のような気がする。
 
会場のプラザホテルは初めて行ったのだが、
横浜駅のすぐ近くなのに、こんなに昭和の匂いプンプンの汚いビルが
まだ残っていたのかと思うような建物で、
最上階のパーティルームも天井が低いので狭く感じ、ひといきれでざわついている。
 
更にブッフェの料理のすべてが味が濃く、ありえない不味さだった。
薄っぺらい詩集を含めてとはいえ、7000円の会費はぼったくりだと思ったのは、
私だけではないだろう。
 
作家業(画家や版画家、小説家に詩人など)を生業にしている者は
一生のうち、何回か、こうした作品発表の舞台を用意して、
お祝いしてもらったり、作品の批評を仰いだりする機会がある。
 
自分で用意することもあるし、用意してもらえるときもある。
 
それは案外お金のかかるものだというのは実感しているのだが、
100人近くの人がお祝いに駆けつけ、出版記念会を催したというのに、
これはちょっといただけない・・・というのが今日の本音だ。
 
20歳以上年の離れた奥さんは
「もう年だから生きている内にできる最後の会になるんじゃないかしら」と
まるで生前葬のようなことを言っていた。
 
私もこれから何回、個展が出来るのか、グループ展はいつまで続くのか、
最近は年ごとに考えるようになった。
 
己の身の始末、
作品発表のタイミングと場所と方法など、
いろいろなことを考えさせられた今日の出版記念会であった。
 
さて、これから、齢80にして人は何を思うのか、
戦争を身近に体験した人は何を言い残すのか、
じっくり、真夏の夜長にページをめくるとしよう。
 
その前にちょっと正露丸。
 
どうもまだ、パーティ料理が胃の腑に落ち着かない・・・。
ぎゅるぎゅる~。
下痢ポーテーションである。嗚呼。
 
 

2017年8月4日金曜日

新作のトレペ転写

 
 
 
6月7月と2ヶ月間、アトリエを乳児室として明け渡していたので、
そろそろ版画家としての本分に戻らなければなるまい。
 
一応、秋に予定されている3つの展覧会のための作品は
すでに出来上がっているが、
つい先日、来年1月にクロアチアで版17の展覧会が開かれることになったと
聞かされた。
 
そこにはひとり4~5点、作品を送り込まなければならないという。
 
しかも、1月下旬の会期に対して、9月中旬には取りまとめを行い、
17人分の作品を木箱に入れて、クロアチアに発送するという。
 
クロアチアの人は以前の私の作品なんて、観たことあるわけないので、
旧作を展示しても何の問題もないとは思うが、
版17の主要メンバーはこれから9月下旬に行われる版17銀座展に出すものとは違う
作品を用意するつもりのようだ。
 
木版画は制作に時間がかかる。
色数の多い私の作品はとりわけ時間が必要だが、
5点全部を今年と去年の版17銀座展と同じというわけにもいきそうにもない。
 
そこで、すっかりばぁばモードになって、なまった体にむち打ち、
新作に着手することにした。
 
今から創る新作は、孫が生まれる寸前まで彫っていた新作と連作になるよう考え、
まだ誰の目にも触れていない2点の新作を、9月初めまでに創ろうというわけだ。
 
しかし、8月は暑いので、木版画の摺りには全く向いていない。
 
この湿度の高さに加え、気温が高いのに、更に加湿器をかけて加湿し、
クーラーは乾燥を呼ぶので、使えないときているから、
熱中症間違いなしの悪条件だ。
 
本当に出来るかどうか心配だが、今、心配していても始まらない。
 
「キミちゃんはやるときはやるよ」という心意気だけで、決行するつもりだ。
 
幸い、2点目の原画のイメージもすんなり湧いて、
1点目と対の作品は縦キャンと横キャンで似たイメージ、
時計草が重層的に画面いっぱいに広がる絵柄だ。
 
原画を興しているそばから
「時を重ねて」と「時にゆだねて」というタイトルも浮かんできたので、
出足好調。
 
すんなりタイトルが決まると、その後がスムーズにいくというジンクスがある。
 
新しい命に触発された新作は、2枚接ぎの作品になりそうなので、
秋、涼しくなってから手がけることにして、
まずは中ぐらいの大きさの新作から再開することにした。
 
新作の図案が思い浮かばない産みの苦しみより、
この暑さの中、制作する苦しみの方が楽だと自分を慰め、
ここしばらくは、取り戻したアトリエに籠もって、制作に没頭しようと思う。